飛散防止

災害時のガラスの飛散を防止します

大地震が起こったとき、窓ガラスの飛散はケガや逃げ遅れの大きな原因となります。 実際に阪神淡路大震災では、割れたガラスが床5m四方に散乱したことで、足を切るといったケガにつながり、逃げ遅れてしまったという事例が多数報告されました。 また、記憶に新しい東日本大震災でも、同様のケースが多く起きました。

ガラスの飛散をくい止め、ケガや逃げ遅れを防止!

ガラスの飛散を防止する方法として有効なのが、ガラスフィルムの施工です。ガラスフィルムを貼ることで、ガラスの飛散による直接的被害を防止するとともに、避難施設においてはその“役割の維持”という目的も果たすことができます。

飛散防止のふたつの効果

直接的被害の防止

大地震をはじめ、台風や竜巻などによっても割れるおそれのある窓ガラス。 ガラスフィルムを貼っておけば、割れたガラスが飛び散ることなく、ケガを防止できるうえに避難路の確保にもつながります。

避難施設の役割維持

災害時には避難施設が設けられますが、その施設の窓ガラスが割れてしまうと、雨の浸入や冷気の入り込みなどを防ぐことができず、避難施設としての役割が果たせない場合があります。 ガラスフィルムを貼っておけば、たとえガラスが割れたとしてもガラスがサッシから外れないため、避難施設としての役割を維持できる可能性が高まります。

シーグは飛散防止性能D-1に合格!

透明断熱ガラスフィルム「シーグ」は、飛散防止を目的としたフィルムと同等の飛散防止性能を誇る、JIS規格の飛散防止基準をクリアしたフィルムです。 大地震のほか、衝突事故を想定した飛散試験でも高い安全性が認められています。

透明度について

断熱性について

飛散防止効果について

紫外線カット効果について

その他の効果について

このような施設におすすめです

窓ガラスの飛散を防止し、施設の安全性を高めるシーグは、人の多く集まるすべての施設におすすめです。 近年では特に、子どもが利用する施設での導入が進んでいます。

保育園や幼稚園、学校、オフィスビル、ショッピングモール、病院や介護施設

施工事例 >>

メールでのお問い合わせはこちら

ページ上部へ

Copyright © 透明断熱フィルムSEAG|株式会社山村工務店 All Rights Reserved.