窓ガラスフィルム(シーグ)断熱効果のしくみ

窓ガラスフィルム(シーグ)断熱効果のしくみ

夏は涼しく、冬は暖かい。

夏は涼しく、冬は暖かい。
窓ガラスフィルム(シーグ)は、窓に一枚貼るだけで、夏の暑さや冬の寒さを和らげ、お手軽に冷房・暖房効率を上げてくれる便利な透明断熱フィルムです。
日差しの強い夏、窓に差し込んでくる強烈な太陽からの熱射エネルギーは、ガラスに吸収されて熱となり、ガラスの内側表面と外側表面から放出されます。この時に透過率が高く、放射率が低い窓ガラスフィルム(シーグ)を室内側の窓に貼っておくだけで、ガラスに吸収された熱が室内に放出される量が抑えられ、より多くの熱が外側ガラスから室外に放出されるようになります。

窓ガラスにシーグフィルムを貼るだけで、手軽に室内に入ってくる熱の量を抑え、断熱効果によって冷房効率を向上させることができるのです。
また寒い冬には、窓ガラスフィルム(シーグ)を窓に貼ることで、室内から逃げる熱の量を減らし、室内の温度下降をゆるやかにして、室温を下がりにくくし、暖房効率をアップさせることができます。

そのため、省エネ効果も期待できます。さらに室内外の温度差により発生する冬場の嫌な結露も、窓ガラスフィルム(シーグ)を貼って、窓際の温度下降をゆるやかにすることで軽減することが可能です。
お手軽な暑さ対策、寒さ対策、省エネ対策にはぜひ透明断熱フィルム、窓ガラスフィルム(シーグ)をご利用ください。

冷房時の断熱効果

冷房時の断熱効果

夏期の場合は太陽からの日射エネルギーにより、室内空気の温度が上昇します。このガラスからの取得熱量 を日射取得熱量(kcal/m²h・W/m²h)で表現します。

日射エネルギー 反射+吸収+透過=1 吸収=放射

ガラスの場合

日射エネルギーはガラスに当たると反射と吸収と透過に分れ、吸収した赤外線(長波長)の日射エネルギーは ガラス内で熱になりガラスの外側・内側表面から放出されます。次に透過した日射エネルギーは室内の物体に 吸収され熱になり物体表面より放出されます。放出した放射エネルギー(長波長)は再びガラスに吸収され熱に なりガラスの内・外側表面より放出します。 ガラスの熱放出は表面放射率で放熱量がきまり、内側ガラス面の放射率(0.9)を小さくすれば、吸収した熱を 外側ガラス面の方により多く放出します。

シーグの場合

窓ガラスフィルム(シーグ)の断熱効果は、放射エネルギーを吸収したガラスに透明な低放射率(0.05)の窓ガラスフィルム(シーグ) を室内側ガラス面に貼る事で内側ガラス面の熱の放出を抑え、外側ガラス面に熱を多く放出させます。 又、室内で発生した再放射エネルギーは、透明な窓ガラスフィルム(シーグ)を透過し、ガラスに吸収され、内側ガラス面 より外側ガラス面に熱を多く再放出します。 よって日射取得熱量を減らし、断熱効果を発揮します。

暖房時の断熱効果

暖房時の断熱効果

冬期の場合は室内側(例25℃)と室外側(例0℃)の温度差により、室内空気の熱量が室外に損失され室内の 温度が降下します。このガラスからの損失熱量を熱貫流率(kcal/m²h ℃・W/m²h ℃)で表現します。

暖房時の断熱効果

ガラスの場合

日射エネルギーはガラスに当たると反射と吸収と透過に分れ、吸収した赤外線(長波長)の日射エネルギーは ガラス内で熱になりガラスの外側・内側表面から放出されます。次に透過した日射エネルギーは室内の物体に 吸収され熱になり物体表面より放出されます。放出した放射エネルギー(長波長)は再びガラスに吸収され熱に なりガラスの内・外側表面より放出します。 ガラスの熱放出は表面放射率で放熱量がきまり、内側ガラス面の放射率(0.9)を小さくすれば、吸収した熱を 外側ガラス面の方により多く放出します。

シーグの場合

窓ガラスフィルム(シーグ)の断熱効果は、放射エネルギーを吸収したガラスに透明な低放射率(0.05)の窓ガラスフィルム(シーグ) を室内側ガラス面に貼る事で内側ガラス面の熱の放出を抑え、外側ガラス面に熱を多く放出させます。 又、室内で発生した再放射エネルギーは、透明な窓ガラスフィルム(シーグ)を透過し、ガラスに吸収され、内側ガラス面 より外側ガラス面に熱を多く再放出します。 よって日射取得熱量を減らし、断熱効果を発揮します。

結露効果

結露効果

結露は、外気温の低下で室内の対流空気がガラス付近で冷やされて露天温度以下になった時にガラス付近の 空気中の水蒸気が飽和状態となり、余分な水蒸気が水滴となってガラス表面に付着する現象です。

結露効果

ガラスの場合

結露発生の原因は、外気温の低下で窓ガラスの室内ガラス付近の空気温度と室外温度の温度差が生じる事 です。温度差を抑制するには室内側ガラス面の熱伝達率を小さくし、熱伝達抵抗を大きくして熱貫流率を小さく すればガラスの損失熱量が少なくなり、室内ガラス面付近(ガラス表面から約30㎜位の間の空気)の温度降下 を抑えて結露の発生が抑制できます。

シーグの場合

窓ガラスフィルム(シーグ)の結露効果は、透明で低放射率(0.05)の窓ガラスフィルム(シーグ)を室内側ガラス面に貼る事でガラス の損失熱量を少なくし、室内ガラス表面付近の温度降下を抑えて結露効果を発揮します。

結露効果の実例

窓ガラス面でのシーグフィルム(F-7710)の結露比較

窓ガラス面でのシーグフィルム(F-7710)の結露比較

メールでのお問い合わせはこちら

ページ上部へ

Copyright © 透明断熱フィルムSEAG|株式会社山村工務店 All Rights Reserved.