お客様の声

シーグを採用されたお客様のご感想

千葉県 第2クローバー学園 様

結露・寒さの課題を解消!「当たり前のように結露がありませんでした」

窓ガラスのフィルム施工を考えたきっかけは?

施設の省エネ

冬になると、結露がひどくて困っていたんです。床まで滴るほどで、カビもところどころに……。見た目の面でも健康面でも、なんとかしなくてはと思っていました。 また、冬場は寒さもきつく、特に掃出し窓の横に入所者が寝ていたため、寒さ対策も大きな課題でした。これまでは布団を増やしたり、窓側にマットを置いたりすることで寒さをしのいでいましたので。 しかしそうするとさらに結露がやっかいで……これは窓ガラスから対策をする必要があるな、と。

施工にあたって気をつけた点はありますか?

入所者がフィルムの存在に気づいてしまうと、興味を持って剥がしてしまう可能性があったので、入所者に部屋を出てもらった状態で施工をしてもらいました。 そのため、若干施工を急かしてしまったのですが、迅速かつキレイに仕上げていただきとても助かりました。 入所者に移動してもらう際の手際などもよかったですね。

シーグの施工後の変化についてお聞かせください

施設の省エネ

まったく困らなかったので当たり前のように過ごしてしまったのですが、結露が問題になりませんでした。 また、今年の冬は寒波が厳しかったのですが、誰も「寒い」とは言ってきませんでしたね。布団も増やすことはありませんでしたし、大満足の結果です。

地震や竜巻、突風などの心配もあるので、掃出し窓に限らず、飛散対策として別の箇所も施工を検討しているところです。そのときはまたよろしくお願いします。


東京都 Mビル様

冷房コストの大幅削減に成功!「肌で感じる違いがありました」

窓ガラスのフィルム施工を考えたきっかけは?

一番の目的は、冷房コストの削減ですね。温暖化の影響もあり記録的な猛暑が続いていますので、できるだけ省エネで、冷房コストを抑えて夏を乗り切ろうと考えた結果、室内気温の上昇を防ぐ方法としてフィルム施工を検討しました。

シーグを採用された決め手は?

シーグのほかにも遮熱タイプのフィルムなどもいろいろ見たのですが、断熱性能や透明度などが決め手となってシーグを選びました。なんといっても、見た目が変わらないというのは大きなポイントでしたね。 ビル全体の施工でしたので、テナント各社からも「オフィスが薄暗くなってしまうのは避けたい」「窓の色が変わらないフィルムがいい」といった意見を多く受けていました。

シーグを施工された結果はいかがでしたか?

結果は期待以上でしたね。肌で感じる違いがありました。窓が多い建物なので、夏場は日が昇るにつれてどんどんと室温が上昇し、冷房の設定温度をかなり下げなければならなかったのですが、シーグを貼ってからは28℃前後の設定温度でまったく問題なくなりました。冷房コストについては施工前と比べて40%近くコストカットができていて、これも驚きでしたね。 また、冬も同様に暖房コストが大幅に抑えられたので助かりました。

遮熱タイプのフィルムだと冬は効果がないとのことだったので、やっぱりシーグにしておいてよかったと思っています。

テナントからの評判もいいので、別のビルでも実施しようと考えています。そのときはまたよろしくお願いします。

メールでのお問い合わせはこちら

ページ上部へ

Copyright © 透明断熱フィルムSEAG|株式会社山村工務店 All Rights Reserved.